中国語の「とても・すごく」|很・真・好の意味と違いを徹底解説!

とても・すごくの中国語表現


「とても」や「すごく」といった強調する表現は、中国語にたくさんあります。

很、真、好、挺、蛮、非常、太

どれもよく使われる表現なので、「“とても”といえばこれ!」と絞るのが難しいです。

ひとつひとつその違いを確認しながら説明していきましょう!

kammy
それでは解説いってみましょ〜!

中国語の文法全体については「中国語文法の総まとめ」もあわせてご覧ください!

とても:很

もっとも一般的な強調の表現です。

「とても」と訳されることもありますが、基本的には語調を整える役割がメインです。

kammy
語調を整えるってことは、言葉の意味は無いってことですね。

例文を見てみましょう!

tā de zhōng wén hěn hǎo

他的中文很好

ターダジョンウェンヘンハオ

彼の中国語はよい


tā de zhōng wén hǎo

他的中文

ターダジョンウェンハオ

彼の中国語はよい

通常の場合には、1つ目の「很」がついた文章でも「とても」の意味は含まれません。

口語で「很」の部分を強く言った場合には「とても」という意味が伝わりますが、一般的には「とても」の意味は強くありません。

意味を持たないこの「很」は「お飾りの很」と呼ばれたりもします。

では「很」を付けないとどうなるでしょうか?

もし2つ目の文章のように「很」がなくても文法的には問題ありません

ただ言外に「彼の中国語はいい(けれども英語は微妙かも)」というような比較のニュアンスが含まれてきます。

直接比較はしていないけれども、比較の意味がニュアンスとして含まれてしまうということです。

kammy
わー、それはちょっと不本意ですね(笑)

というわけで、「とても」と形容詞の意味を強調したいときには、違う表現をする必要があります。

それを順番に見ていきましょう!

kammy
話し言葉の場合には「很」を強く言えば「とても」の意味を出すことができるということでしたね。

「你很可爱(あなたは可愛いですね)」と伝えるときには、「很」の部分は強く言う必要があるということですね!

スポンサーリンク

とても、すごく:真

「真」は一般的に「とても、すごく」と訳されますが、より主観的な感覚、体験をともなった強調のしかたが「真」になります。

nà gè diàn de cài zhēn hǎo chī

那个店的菜好吃!

ナーガディエンダツァイジェンハオチー

あのお店の料理はすごくおいしい!

「真」は「とても、すごく」と強調する意味になりますが、基本的には発言者が体験したことがベースになっています。

下の例を見てみましょう。

◯ 听说那个店的菜好吃

听说那个店的菜好吃

訳:聞くところによるとあのお店の料理はとてもおいしいらしい。

「听说」というのは「聞くところによると」という意味です。

自分は体験していない話なので、「真」を使うのはおかしくなるため「真好吃」とは言いません。

もう1つ例を見てみましょう。

◯ 外面热吗?

外面热吗?

訳:外は暑いですか?

これも「真」を使うと少しおかしな表現になってしまいます。

聞いている本人は何も体験していないので、「真」を使って相手に尋ねるのはおかしいというわけです。

kammy
じゃあ基本的には疑問文では「真」は使わないということですね。

非常に、きわめて:非常

「非常に」という強調の言葉で、よく使われる表現です。

gōng zuò fēi cháng máng

工作非常

ゴンズオフェイチャンマン

仕事が非常に忙しい。

「工作」は「仕事」の意味なので、「仕事が非常に忙しい」という意味ですね。

kammy
「工作」は工作(こうさく)の意味じゃないですよー!ちなみに工作(こうさく)のことは中国語では「手工(shǒu gōng)」と言います。

tā fēi cháng piào liàng

非常漂亮

ターフェイチャンピャオリャン

彼女は非常にきれいだ。

これも普通に「彼女はきわめて綺麗だ」という意味になります。

スポンサーリンク

とても、なかなか:好

「好」も日常会話でとてもよく使われる表現です。

今まで説明したものとのニュアンスの違いを見てみましょう。

例文です。

wài miàn hěn lěng

外面


wài miàn hǎo lěng

外面

のほうの表現は、気温も低くて誰でも寒いという状況で使います。

一方で「好」のほうは言外に「とても寒い(と私は感じる)」という主観的なニュアンスが含まれます。

kammy
ということは、「好」はそれほど寒くない状況でも使えるってことですね。

また、似たようなイメージになりますが、「好」のほうがより感情がこもった表現になります。

hěn wú liáo

无聊


hǎo/hào wú liáo

无聊

「很」のほうが客観的にみて(誰がみても)暇な状況のときに使う傾向があります。

「好」を使って表現すると、「(私は)つまんないなぁ」とより主観的な感情がこもってくるイメージです。

kammy
なんとなく分かってきましたよ

まとめるとこんな感じになります。

很と好の違い

:より客観的な表現、一般的な叙述に多い

:より主観的な表現、感情を込めたいときにも使う(口語的)

まぁまぁ:挺、蛮

「挺(tǐng)ティン」、「蛮(mán)マン」ともに同じ使い方で、意味もおおよそ同じような感じです。

あえて日本語に当てはめれば「とても」まではいかず、「まぁまぁ」といったニュアンスになります。

zhè gè tǐng piányi

这个便宜

ジェイガティンピエンイー

これはまぁまぁ安い

スポンサーリンク

〜すぎる:太〜了

「太」は「〜すぎる」「たいへん〜だ」という意味で、ポジティブ・ネガティブどちらの意味でも使われる表現です。

「太~了」というかたちで「了」を最後につけて使うことが多いです。

pí kǎ qiū tài kě ài le

皮卡丘可爱

ピーカーチウタイクーアイラ

ピカチューが可愛すぎる!

あのポケモンのピカチューは「皮卡丘(pí kǎ qiū)」と言います。

kammy
ちなみに中国語版でも「ピカーピカー!」と声を出します(笑)

「可愛い」の中国語表現・発音|すごく可愛いの言い回し

jīn tiān tài kùn le

今天

ジンティエンタイクンラ

今日は眠すぎる

「困」が「眠い」という意味なので、「太困了」で「眠すぎる」という意味になります。

まとめ

  • 非常
  • 太~了

このあたりは日常会話でも本当によく使われる表現になります。

たくさん例文に触れて、その違いを感覚として理解できるようになるとベストですね。

なお、中国語の勉強法については「おすすめの勉強法と参考書・アプリのまとめ」に詳しく書いたのでぜひご覧ください。

また、中国語の文法事項ついては「中国語文法ーその特徴と各項目を総まとめ」にどこよりも分かりやすくまとめているのであわせてご覧ください。

それでは今回はこの辺で。

再见~!




スポンサーリンク
スポンサーリンク