中国人はセミを食べる

中国の食用のセミ


写真は、食用のセミ(蝉)です。

頭と足はとってあり、胴体だけのようでした。

このお店の食べ方は、油で揚げてあるのかカリッとしていて、特に臭みなどはありませんでした。

強く味付けしてあって、ビールの肴にちょうどいい感じ。変な味はせず、セミと言われなければ分かりません。

「食用」と書きましたが、食用ではないのものと違いはないように思います。

以前、近郊の村に遊びにいったときに、セミを収穫(?)しているところを見ました。

捕獲してきた大量のセミが大きな網に入っていて、そこに手を突っ込んで一匹ずつ処理をしていました。

処理とは、羽をとって飛べないようにして別の容器に入れることです(おなかの辺りにある鳴く部分も取っていたように記憶しています)。

その作業中、手元のセミがそれはもう激しくジージー鳴くので、痛々しい印象が強く残っています。

鳴かなければそうでもないのでしょうが、近くで大量に鳴かれるとインパクトがものすごいです。

イナゴを食べるように、夏のタンパク源としてセミも食べられていたのだろうと思います。

誤解のないように書いておくと、中国のどこのレストランでもあるわけではなく、ローカルの特定のところでしかセミはメニューにありません(笑)




スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。