中国の幼稚園の国慶節のイベント

中国の幼稚園での国慶節のイベント


こんにちは!kammyです。

息子が通う幼稚園で、イベントがありました。

10月1日は国慶節といって、中国が建国された日として祝日になっており、その記念に幼稚園でもイベントが開かれたのです。

午後から始まったイベントでは、園児が園庭に集まりその親御さんたちも来園。

親御さんはそれぞれ食べ物を持ち寄り、各クラスで立食パーティーのような感じになりました。

イベントの中では園児みんなで愛国的な歌を歌ったり、親御さんによる早食い競争的なものもありました。

園児たちは中国の国旗を持たされ、それをふりふりしながら歌を歌ったり踊ったり。

普段は、英語のクラスがあったり欧米出身の先生がいたりと、かなり国際色の強い幼稚園なのですが、それでも国慶節前の1週間は愛国的なメニューや宿題が盛りだくさんでした。

たとえば、祖国というタイトルで絵を描かせる宿題とか、愛国的な歌を歌う別のイベントがあったりとか。
(中国の幼稚園は宿題があるのです。。。)

こういうイベントや活動にどこまで政府が直接関わっているのかは知りませんが、共産党の正統性を示して人々の意識にそれを埋め込む上では、国慶節の各種イベントはかなり重要で、それなりに資金や労力を投じてるんだろうなと感じます。

それにしても赤い国旗をふりふりしてる園児たちを見るのは何かすごく違和感があります。

少なくとも日本では同じようなことは絶対しないなぁとか、もしやったら愛国主義、軍国主義とかいって叩かれるだろうなぁとか、そんなことを感じました。

共産党が経済成長という正統性にだんだんと頼れなくなってきている中では、建国記念日の各種イベントの重要性は高まってきているんだろうなとぼんやりと思ったりします。

中国の幼稚園での国慶節のイベント



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。