★中国の新規オープン店では爆竹と花火


こんにちは!kammyです。

中国では、お店が新規オープンする時、花火と爆竹を大量に鳴らします。

先日、とても近くで新しいお店がオープンしました。

小さな果物屋さんなのですが、その花火と爆竹の量はとてつもないものでした。

まず花火が連発で次々とあがります。

そして、爆竹に火がつけられるわけですが、その音の大きさは体感しないと伝わりづらい大きさです。

あまりに大きいので空気が振動して、それを体でも感じるからです。

空気がはじける感じというのでしょうか。

爆竹はぱっと見、火事が起きたのかと思うぐらいの火薬量と煙が出ます。

これで誤って開店時に火事になったところもあるんじゃないかと思わされるほどです。

花火と爆竹が、どのくらいの値段か気になるかと思いますが、何でもあると言われるネットモール「タオバオ」でも価格帯は分かりません。

なぜなら、配送が難しいためかネットでは販売されていないからです。

地元のお店、たいがいは郊外にある路面店などで直接買うことがほとんどのようです。

花火は比較的安くて、20発ぐらい入っていて10数元(約200円)ぐらい、爆竹は少し高くて長いものだと数百元(約5千円から1万円)するみたいです。

花火や爆竹は都市部では禁止になっているので、北京や上海のような大都市では新規店舗オープン時でも鳴らされないと思います。

「義烏」という完全な都会とは言いづらいけれども、それなりに大きめの田舎都市ではいまだによく見られる光景かと思います。

迫力が本当にとてつもないので、ぜひ動画も見てみてください。

上からの映像なので、そのすごさが地上からよりも見えやすい気がします。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。