CS60の感想・評判・レビューまとめ|施術中の痛みや施術後の感じ方などを徹底解説

CS60の実物写真

 

CS60による施術とはどんなものなのか?

  • 施術中はどんな感じがするの?
  • 痛いの?それはどんな痛み?
  • 施術後はどうなるの?

施術を初めて受ける方は、こうしたことが気になるかと思います。

ここでは私が実際に見聞きしたことを中心に、

  • 施術中に起こる反応(痛み、匂い、その他)
  • 施術後に起こる反応(疲労感、あざ)
  • 評判・感想・体験談

を下記で詳しく紹介します。

CS60は、ぱっと見あやしい施術にしか思えません(笑)

ただ、実際の反応や評判などを詳しく紹介することで、少しでも多くの人がCS60に対してより客観的に判断できるようになればと思い、ここでまとめてみました。

CS60の仕組みや効果、施術風景などについてはこちらにまとめたのであわせてご覧ください。

ちなみに、私自身はCS60の本部で研修を修了しており施術経験があります

下記で紹介する経験談や体験談は、その研修の際に経験のあるスタッフのみなさんや同じ研修生から教えてもらったことと、私自身の施術経験から得たものを中心にしています。

そのため私個人の見解も入っており、下記で紹介するのはCS60の公式見解ではありません

施術の感じ方や効果は人によって違うので、あくまで参考までにしてください。

CS60の施術の特徴

CS60の器具の実物写真

CS60の器具

CS60の施術は、ごく簡単に言えば、手のひらサイズの金属製の器具で体の表面をこするものです(CS60自体の説明はこちら)。

その施術中に起こる特徴としては、

  • 痛みがある
  • 匂いがすることがある
  • 温かくなったりすることがある

ということが言われています。

kammy
匂いがしたりするのは整体や接骨とはちょっと違いますね。

施術中の反応その1:とにかく痛い!喜びの痛み!?

CS60の大きな特徴のひとつは「痛い」ということです。

特に調子の悪い部分や悪い電気が溜まっている部分をCS60でさすると痛みが起こります。

重病の人や体調があまりに優れない人は、その痛さに耐えられないこともあるようで、施術中、終始もだえ続ける人もいるとか。

そんなことを聞くと怖さが先立ってしまうかもしれませんが、通常は「痛気持ちいい」「喜びの痛み」といった表現が近いと思います。

すべての人が施術中ずっと痛みを感じるわけではなく、通常はところどころで痛みを感じる、といった感じが多いです。

kammy
私も研修中、たくさんの人を施術しましたが、ずっと痛がっている人はほとんどいません。部分的に痛みを感じる人が多いようです。

どこが痛いの?

調子のよくない部分で痛みを感じることが多いです。

ただ、どんな人でも疲れなどが溜まりやすい部分、たとえば膝や背骨、肩甲骨などでは、たとえ不調を感じていなくても痛みを感じやすくなります

痛みの強さは、人それぞれ。施術箇所によっても違います。

耐えられない痛みであれば、その部分は外してもらうよう施術者にお願いしましょう。

「激しい痛みは5秒まで」というルールをCS60の施術者は心得ているので、痛いときは遠慮なく伝えたほうがよいです。

痛みを伝えた方が、どこを重点的にやればよいのか施術者も知ることができるので、施術の効果が出やすくなるでしょう。

CS60施術の心得

「激痛は5秒で開放違う箇所」という心得があります。

痛みはどのくらい続くの?

CS60でさすっている間だけ痛みを感じます

だから、CS60を体から離せば痛みは基本的に感じなくなります

体調不良の原因となっている「迷走電流」という悪い電気が抜けるときに痛みが起きると言われています。

そのため痛みの感じた場所をCS60でさすり続けると、悪い電気が抜けるにしたがって痛みが弱くなっていきます

または、他の箇所を施術して、もともと痛みを感じた部分に戻ってくると、今度は痛みを感じなくなっている、という不思議なことも起こります。

どんな痛みなの?

  • 気持ちよさの伴う痛み
  • 電気が走ったようなビリビリとした痛み
  • 針で刺したような痛み

CS60の痛みは、こんな風に言われたり表現されることが多いです。

痛みの感じ方や表現は人によってさまざまなので、あくまで参考です。

kammy
私自身は「痛気持ちいい」部分もあったし、ピキッとした痛みもあったし、場所によってさまざまです。

不調な部分や施術効果が分かりやすい

kammy
痛い痛いばっかり言われると怖くなってしまいますね・・・

痛みについてこれだけ解説すると、施術を受けるのが怖くなってしまうかもしれませんが、それほど恐れなくてよいと思います。

痛みを通して、不調な部分や本来の力が出ていない部分が分かるので、施術中にちょっとした達成感のようなものがあります。

「効いている」ということが体感として分かりやすいということです。

kammy
これは施術を受ける人にとっても、施術をする側にとってもいいことのように思えます。

ただ、痛みそのものに精神的なトラウマなどがある人もいるかもしれません。

そうした方は、その旨を施術者に事前にしっかりと伝えてから受けたほうがよいでしょう。

効果がない人:あまりにひどい人は1回目はまったく痛くない

例外として、あまりに体の状態がひどい人は、1回目の施術では痛みを感じないこともあるようです。

私は実際に見たわけではありませんが、開発者の西村氏の著書でもそのことに触れています。

理由としては、老廃物や迷走電流があまりに深く大きいため、1回の施術はそれが体外に出てくることが難しく、そのため痛みを感じない、ということのようです。

また、CS60の効果を信じているかどうかは、効果に関係はないようです。

kammy
信じていなくても効果はあるってことです。実際にそういう人のインタビューを読んだことがあります。

くすぐったい人

私がまさにそうなのですが、CS60の施術がくすぐったい人がいます。

ひとつには子供がマッサージをくすぐったく感じたりするように、体に触れられることに慣れていないことも原因としてあると思います。

または、体が無意識に抵抗していたりすることもあるようです。

その場合には、CS60の器具でトントンと叩いたり、器具を裏返して使うことで(平らな方でさすることで)、段々と体に慣れさせていく、ということもできます。

kammy
私も少しずつ慣れてきて、だいぶベッドから逃げ出さずに受けられうようになりました(笑)

施術中の反応その2:異臭がする

CS60で施術しているときのもうひとつの特徴は、ときどき「匂い」が漂ってくる、ということです。

匂いとは、

  • サビ臭い
  • 薬品の匂い
  • 芳香剤の匂い
  • 魚の匂い
  • 腐った卵の匂い

などさまざまなものがあります。

基本的には体内の悪いものが外に出てくるときに出てくる匂いだと思いますが、詳しい理由はよく分かりません。

また、「この匂いがしたからここがこう悪い」といった因果関係も今のところはっきりしたものはないようです。

kammy
私も頭をやってもらったときに「トイレの芳香剤の匂い」がすると言われました。私はシャンプーを使わないので、明らかに何かが出ていたのだろうと思います。

施術中の反応その3:熱くなる、しびれる、電気が走る

CS60の施術中の他の反応としては、

  • 熱くなる
  • しびれる
  • 電気が走る

といったようなものがあります。

これは施術をしている箇所であったり、直接していない箇所でも、熱くなったりすることがあります。

なぜなのかははっきりとは分かりませんが、体内の細胞が活性化した結果、こうした反応が起きるのだろうと思われます。

どの反応も痛みと比べれば耐えられないものはなく、また人によって感じたり感じなかったりします。

施術時間や必要回数は?

1回あたりの施術時間は約1時間くらいを設定しているところが多いです。

CS60の本部の通常コースは1回50分になっています。

施術者によっては1時間半や2時間コースを設けたり、他の療法との組み合わせで提供しているところもあります。

基本的には一回の施術で、自然治癒力が大きく回復し、その結果、体調がよくなったりすることが多いです。

ただ、体は生きているだけで1秒1秒、老化が進み、老廃物も溜まっていきます

そのため大きな病気や体調不良はなくても、体調を維持するために定期的にCS60を受けている人も多いようです。

また、重病の人は何回か受けないとその効果が出にくいこともあるようで、病状や状況に応じてケースバイケースになります。

kammy
「運動」や「ストレッチ」などと同じように定期的にやれば、それはそれで健康維持の効果が期待できるということです。

施術後の反応は?疲労感、痛み、あざなど

施術後の主な反応としては、下記の2種類です。

  • プールで全身運動したような気持ち良い疲れ、もしくはスッキリとした爽快感
  • 特に悪いところでは、痛みや青いあざなどの反応が出ることがある

気持ちのよい疲れか、スッキリ爽快

施術日の当日や翌日には、プールで全身運動したような気持ちの良い疲れが出ることがあります

細胞が活性化するということは、細胞が元気に動き出したということ。

そのことが「疲労感」という運動後と同じような結果を生んでいるのだろうと推測します。

もちろん、全身がスッキリ爽快になることもあり、人によってさまざまなようです。

kammy
私は初めて受けた日はよく眠れ、翌日は体が重かったことを覚えています。

痛みや青あざなどの反応も

施術翌日には、痛みが出たり、痛かった箇所が青色や黄緑色に変色することがあります。

これは細胞が活性化して、老廃物を表面に浮かび上がらせている良い結果とされています。

また、人によっては赤いぶつぶつのようなものであったり、濁った液体のようなものが出てくる場合もあるようです。

いずれにしろ施術後にあらわれるこうした変化は、深い部分の細胞が活性化したことで浮かび上がってきた老廃物とされています

あざやぶつぶつは数日で消え、残ることはないようです。

ある重病の人が初めてCS60を受けた翌日には、心臓(左胸)あたりに赤いブツブツのようなものができたそうです。

kammy
私は本人にその写真を見せてもらったので、そういうこともあるのかとびっくりしました。

あの著名人も施術を受けている

作家の吉本ばななさんが、施術を受けていることは本人のブログで紹介されています。

また、私が研修中には、誰でも知っているようなレベルの著名な俳優さんが施術を受けに来たのを見ましたし、アメブロで一番有名といってもいいある著名人が予約をするのを実際に見ました。

日本で一番知られているある政治家もCS60の施術を受けているそうです。

著名人が施術を受けているからといって、それが必ずしも良いものだとは言えないかもしれません。

ただ、ある程度スクリーニングされた情報が集まるようになっているだろう著名人の世界でそれだけ知られているということは、それなりの効果があると思っていいでしょう。

ある出版社のページ

比較的オフィシャルよりの評判・レビューは下記の2つです。

どちらも同じある出版社のページです。

評判・感想・体験談などのまとめ

最後にネット検索で読めるCS60の体験談などをまとめてみます。

体中の酸化物質や老廃物を、掃除機のように吸い出す「CS60」を体感。これ、マジに凄いです。

何かの情報を知っているか、知らないかで、人生は良くも悪くも変わりますが、玉石混淆の情報が其処彼処に溢れ、何が「玉」で何が「石」か懐疑的になってしまいます。「玉」か「石」かはあなたが決めることでしょう。が、僕には、CS60は、もう、とんでもない「玉」でした。

ご自身で受けられた体験をまとめられています。

ふくらはぎ、膝、腰、脇腹で強い痛みを感じたようで、すごく効果があったようです。


緑の中の小さな家 (Pure Food Pure Body)

不思議すぎてよくわからないですが、

自分で認識できていない身体の不調まで見つけてとってくれるところが

ホントすごいと思いました。

中央下あたりに体験者の感想を掲載しています。


「生体電流を整える」などと口で説明されても、はっきり言って巷に数多あるエセ健康法としか思えないが、実際に施術を見せてもらうと、これをニセモノと考えるほうが難しい。

確かにちょっと聞いただけだと「エセ健康法」にしか思えない。

ただ、実際に見てしまうと信じざるを得なくなるのがCS60の特徴といえるかもしれません。


【cs60 2回目感想】

何か取れる!!

心の疲れも身体の疲れも取れる。

またふわふわな子供に戻っちゃいました。テヘ(〃ω〃)

この方は、体だけではなく精神的にも気持ちよくなられたようです。

実際、うつ病などの精神的な不調に効果があるとされています。

まとめ:

ここではCS60の施術がどんなものかを知りたい人のために、

  • 施術中に起こる反応(痛み、匂い、その他)
  • 施術後に起こる反応(疲労感、あざ)
  • 評判・感想・体験談

といったことを詳しく紹介しました。

CS60は施術中・施術後、どちらも痛みを伴うことが多いということは分かったかと思います。

ただ、その痛みがどんな感じなのかということや、数多くの著名人が受けていること、さらにはネット上の評判や体験談を見ると、その「痛み」は体が好調・改善へと向かう「喜びの痛み」と理解してよさそうに思えます。

あとは自分で体験してみるのが何より一番の判断材料になるのではないでしょうか。

なお、CS60の仕組みと効果についてはこちらに詳しくまとめたので、あわせてご覧ください。

それでは今回はこの辺で!